AGAは病院の治療でよくなる時代|毛が生まれる瞬間を目の当たり

医者

進行を阻止出来る

AGAはなぜ発症するのでしょうか

男性

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、早い人では30歳を過ぎた頃から発症するのです。特に、結婚をまだしていない男性にとっては、男性型脱毛症を何とかして治したいと考えるはずです。そして最近では、治療薬が開発されたことから、AGAは治すことができるようになりました。 それでは、AGAはなぜ発症するのでしょうか。これからお話しすることを理解すれば、AGAは本当に治療できるということを感じ取ってもらえるはずです。 AGAは男性型脱毛症と言われるように、男性特有の原因があることが分かっています。それが、男性ホルモンが変化してできたジヒドロテストステロンという物質で、髪の毛を育む毛母細胞にダメージを与えるのです。 そして、ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素によって作り出されることが知られています。

5αリダクターゼを阻害すれば良いのです

AGAを治すために、製薬会社が目を付けたのが、5αリダクターゼという酵素です。要するに、5αリダクターゼを阻害すれば良いのです。 そして、開発された医薬品が、フィナステリドという医薬品です。フィナステリド製剤は病院で処方してもらえますから、AGAではないかと感じているのであれば、早いうちに皮膚科などの病院に行って診察を受けるべきです。 フィナステリド製剤は決められた用法用量を守り、長い間服用する必要があります。ですから、治療には高額な費用がかかることも考えられます。 そこで、病院でAGAと診断されたのなら、インターネットの個人輸入代行サイトを使ってフィナステリドのジェネリック医薬品を安価に入手する方法もあります。